ホーム > スキップフロア
スキップフロアを採用し、2階に玄関を設けた別荘の写真
傾斜地に立てるならスキップフロア
スキップフロアを採用し、中2階に玄関を設けた別荘の見取り図
一階と二階の間に中二階を設けるスキップフロアーは傾斜地に適した構造と言え、お客様から大好評を頂いています。 道路レベルに中2階を合わせて玄関をもってくると、見た感じ平坦地に建ってるようにも見え安心感があります。 中2階から2階まで連続する大屋根を架けると、おおらかな外観が得られます。 屋内側は中2階の玄関と2階リビングとの間仕切りは腰壁にとどめて、天井を勾配天井とすると、玄関から2階リビングを空間的に一体となります。玄関からリビングへの天井にトップライトをつけるとさらに良い感じになります。玄関を開けた瞬間の開放感にワーと声をあげる方も大勢いるでしょう。
間取りとしては景色の良い2階をLDKとし、寝室、浴室等プライベートゾーンを1階にすることをオススメします。 2階にLDKを持ってくることのメリットはたくさんあります。 ・吹き抜けの小屋裏を利用し、大空間を得ることができます。 ・壁の多いプライベートゾーンを1階にしたほうが構造的に強度が増します。 ・1階に開放的なLDKをもってくると、暖気は上昇するため暖房効率が下がりますが、2階であればエネルギーロスが少なくてすみます。シーリングファンを付けて小屋裏の暖気を攪拌すればさらに効果的です。 ・万一開口部が北側の場合でも、トップライトやドーマーを付けることにより採光を確保することができます。 ・基礎の空きスペースを1階の収納スペースとして利用しやすい、等々。 傾斜地の別荘にはスキップフロアーが絶対オススメです!