ホーム > プライバシーの確保
視線のシャットアウト。

 素敵なウッドデッキでも目の前を人や車が行き交ったり、隣の別荘から丸見えだったりすると、なんとなく落ち着かず、ゆっくりランチという感じはしませんよね。
 リビングやウッドデッキでくつろぐために、外からの視線をシャットアウトすることは大切な要素で、設計段階から考えておくべきものです。
 傾斜地に別荘を建てる場合、建物の開口部を道路の反対側に設けると建物本体が目隠しの役目を果たします。
 また、建物をコの字型あるいはL字型としてウッドデッキを囲う様にするのも視線を遮る有効な手段です。
 ウッドデッキの周囲には手すりを回すことが多いのですが、視線が気になる方向を手すりに替えて背の高い壁とする方法もあります。
 最もオーソドックスな方法は植栽やフェンスなどで隠すことですね。

プライバシー確保が考慮されたウッドデッキの写真

プライバシーを確保する造りになっている別荘の写真