ホーム > 湿気対策
湿気対策

 普段は締め切ったままになっている別荘。玄関を開けたとたんカビの匂いがぷ?んということがよくあります。
 別荘を傾斜地に建てることはよくありますが、家の裏が崖になっているような土地は、上から地中を下りてくる水分でかなり湿度が高いということを頭に入れておく必要があります。このような場合、湿気を抑える基礎構造と、風の通り抜ける窓の配置など、設計の段階から湿気対策をしておくことが大切です。湿気の発生を抑えるために、土間コンクリートの打設、あるいは防湿シートの敷設等を行ったうえで、通風孔を多めに設置する等、換気も十分に行う必要があります。

防湿シートが敷設されている写真
湿気を抑える基礎構造写真

 それでも湿気がある場合には、床下に調湿剤を敷き詰めることもあります。調湿剤とは湿度の高いときには湿気を吸い込み湿度が低くなったときに吸い込んだ湿気を吐き出す調湿効果を持った素材で、湿度が高くなるのを抑える効果があります。
 じゅうたんやカーッペットは湿気を吸ってカビを発生しやすいため別荘向きではありません。メンテナンスが楽なフローリングが良いでしょう。
 また、畳も湿気を吸うので、畳部屋は少ないほうが良いと思います。ただ、和室には大勢のお客様にも対応できる等のメリットもありますので1部屋は欲しいところです。
 壁や天井を調湿効果のある珪藻土にするのも、効果的です。
 別荘の湿気対策で一番簡単で効果的な方法はセンサー付き除湿機を設置することです。これは湿度が一定以上になると自動的に作動し、集めた水分を屋外に排水するもので、留守中ずーっと作動させておくことができる優れものです。
 最後に基本的なことですが、風が通りぬける様に建物周囲の樹木をスッキリと伐採しておくこと、あるいは建物の周囲の落ち葉を掃除しておくこともお忘れなく。