ホーム > LDKとウッドデッキ
LDKはウッドデッキと一体で。

細長いウッドデッキは洗濯物を干すしか利用価値はありません。別荘のウッドデッキはお茶を飲んだり、ランチをしたりするための広さが絶対に必要です。 そして、外部からの視線を完全にシャットアウトすること。そのためには、デッキの手すりを目隠しの壁にすることも必要です。その結果、景色を一部カットすることになっても止むを得ないでしょう。
また、強い日差しを遮るための工夫も必要です。一番簡単な方法はパラソルを立てることですが、風が吹くと飛んでしまいます。開閉式のオーニングを付けたり、パーゴラと一体化し、木の緑で日差しを遮る方法もあります。
固定式の屋根を付ければ、デッキの寿命を長持ちさせますし、使い勝手も良くなるのでオススメです。
また、キッチンとウッドデッキを接続させ、腰窓からカップや皿が出せるようにカウンターを付けておくと、便利さと楽しさが倍増します。
ウッドデッキで過ごす時間は、別荘での最も大切な時間と言っても良いでしょう。
その大切なウッドデッキをいかに居心地の良いスペースとするか、別荘造りの成否を左右するポイントです。

別荘内とウッドデッキの写真

ウッドデッキの写真